第11編 誰もいない


確かに在った物語

主人公もエンディングも
駆け抜ける舞台もあった

不確かになって物語

 

主人公もエンディングも
暇潰すだけの理由になった

誰もい(ら)ない
そう思って消えない