第9編 変顔


心に封をしているような

自分でも剥がせなくなって
困ってるような

そんな顔して毎日の中
出しては返ってくる言葉を
見つめる事しか出来ないでいる

自分を傷つける痛みは
誰かの事本気で好きになる気持ちに似ていた

そんなだから

いつもこの瞬間は寂しい