第2編 ずっとハジマリ【短編】

 

慣れたのか麻痺したのかは
考えたことない


どんな高い場所
目指しても


届いた時には
もうそこが一番低い