第17編 マイ

自分を知らなきゃいけない世界で 自分だけが味方だったよ 誰に何を言われたって それらしい言葉はいつもそれだ 口を開けば昨日が顔出し 目を開いたなら今が台無し 自分を知らなきゃいけない世界で 自分さえも敵に見えたよ 誰が誰の片割れだって 僕には未だに…

第16編 僕だからこその

好奇心って 生きるのに一番必要だと思えるやつ 持ってないわけじゃない ただ臆病で 世界を広げようとしたら 同時に自分の影が広がってくみたいで 笑って終えたい1日が どうしてこんなに遠いのか それは 止まったあの日が全部知り尽くしてて 僕には 強まった…

第15編 途切れそうな線を引く事

発色の強い心のままで 言葉選びすぎて 逆に他人事に聞こえたりして 今まで通り過ぎてた場所に ふと立ち止まって 等身大の自分がやっと分かってきて 変わらないほどに綺麗な気持ちを 今、こんな今 私は見つけてみせるよ

第14編 不確かな過去

なかった事になど出来ないと それすら信じないから また同じ事で傷つく 過去をやり直したい願望じゃなく 過去に居続けたいが為の「歩きです」と 必ずいつか壊れてしまう事 考える暇もないくらい幸せだった ただそれだけを 心が守ってた 涙じゃ語りきれないから…

第13編 気持ちの限界って響きを

一番最悪な予感に 今日も目を閉じ続けた時にだけ襲われて もうどうしたらいいか分からなくなって 時計が「今はここだよ」って言うんだ 長すぎた絶望は 振り返ると短くなってて あぁ、こんなことでって思うけど 二度とごめんって感じだから 僕はそんな僕に 新し…

第12編 この手を繋ぐ

スタンプラリーの延長で僕は僕の道順決めてくんだろう その証明に心血注いで笑って終われるようにともう準備まで始めちゃってるんだ そのせいで悲しみを限界まで溜め込んだって それは生きてるんだからって生きてなんとかしないと意味がない そう思って悲し…

第11編 誰もいない

確かに在った物語 主人公もエンディングも駆け抜ける舞台もあった 不確かになって物語 主人公もエンディングも暇潰すだけの理由になった 誰もい(ら)ないそう思って消えない

第10編 涙々しい

友達はそばで聞いてくれた 夏が半分春秋冬がもう半分 そんな僕の思考回路定期的に泣く事が欠かせないの どこで泣けば良い? 終わりが見えないくらい悩んだりもしたけど否定するでもなく頷いてくれていた またそれが強い感情で壊れそうなほど響くから 泣く。

第9編 変顔

心に封をしているような 自分でも剥がせなくなって困ってるような そんな顔して毎日の中出しては返ってくる言葉を見つめる事しか出来ないでいる 自分を傷つける痛みは誰かの事本気で好きになる気持ちに似ていた そんなだから いつもこの瞬間は寂しい

第8編 表と裏と1体

「もういい」はあんまり使いたくないけれど 食わず嫌いが主流になってて一目見てもう嫌いって「口癖はやむ無しな?」って 心に根っ子伸ばしてたって最後に僕を決めるのはきっと僕じゃないから もういいです。

第7編 99%リアル

世界を無限と感じるほどに自分の限りに焦ってしまう でもそれが何?って誰より先に僕が笑うから 気の利いた思い出話頭の中でわずか数十秒 世界に少し背を向けて歩く これが俗に言う現実逃避だとしても 1%は僕の鎧だ

第6編 僕は歩く

やるべき事、あと必要な我慢口より前に出さないように心に杭を打ち込んだ 溶けはしない解けもしない 終わりじゃないから、これが始まり 未来は僕の都合で笑ってくれないだから待ちくたびれるくらいが良い病む時は孤独を愛し治る時は世界を愛した 自由すぎる…

第5編 今日の気付き

沈まない太陽心の中でやっと輝いても 明日にはすんなり忘れているのかもしれない それでもせめて言葉にだけは残して今日をちゃんと終わらせていく 僕の中でもう二度と輝かないとしても この言葉がいつか誰かを動かす力なら悲しまないように繰り返し、繰り返…

第4編 生々

望みが絶えて消えるまでそれをずっと心の真ん中へ 歩き出せた時昨日までも変わった気がしたから 歩き続ける為の善悪のないそれを掴んでく 遮る事はあっても昨日はもうここにはないから自分の今を信じるんだ 今にこだわるんだ

第3編 放置プレイ

右向け右の世界は表 フライパン上のパンケーキでいう良く焼けた部分 絶対見えない部分が焦げて煙を出してる感じ この現状は普通なんだ 見えなくてもいいんだ この現実 すべてが焦げるまでほったらかそう 燃え尽きて初めて すべてが均一になるから

第2編 ずっとハジマリ【短編】

慣れたのか麻痺したのかは考えたことない どんな高い場所目指しても 届いた時にはもうそこが一番低い

第1編 24h 【短編】

自分に教えてもらったよ ウソをつくと口が疲れるんだって